TOP > 蜂(はち)・スズメバチ > スズメバチの毒による死亡事故
ネズミ・害虫 撃退・駆除 最新記事

スズメバチの毒による死亡事故

からす・はと対策
ごみ収集所をカラスから守る。ゴミネットも。

ごきぶり退治なら
いやーなゴキブリ駆除のために

ねずみ 駆除 通販 激安
ネズミ退治の気になる新製品や人気商品を一括比較

カメムシ いやよ
殺虫剤を使わないカメムシ対策

 蜂の中には、ミツバチ、スズメバチなどのように社会を作るような種類のものもいます。

 これらの社会性のハチでは、巣に近寄る敵を攻撃するするための武器として針を使い、毒を注射してきます。

 社会性の蜂の毒は、体内で作られた様々な化学物質がブレンドされたものであり、「毒のカクテル」などと呼ばれます。

 とくに夏場になると、野外でオートキャンプや山歩きなどをしていたアウトドア派の人が、うっかりスズメバチの巣に近づいたために刺されて、時には人が死亡する事故が発生することもあります。

 スズメバチの毒自体で事故が起こることもありますが、毒液に含まれる化学物質に対してアナフィラキシーショックという激しいアレルギー反応が生じたために生命に危険が及ぶ場合もあります。