TOP > ねずみ(鼠)の被害 > 実に迷惑なネズミの被害  病気を持ち込まれる!
ネズミ・害虫 撃退・駆除 最新記事

実に迷惑なネズミの被害  病気を持ち込まれる!

からす・はと対策
ごみ収集所をカラスから守る。ゴミネットも。

ごきぶり退治なら
いやーなゴキブリ駆除のために

ねずみ 駆除 通販 激安
ネズミ退治の気になる新製品や人気商品を一括比較

カメムシ いやよ
殺虫剤を使わないカメムシ対策

 ねずみ(ネズミ)の被害の中で最も迷惑なものの一つは、病気を持ち込まれるということです。

 というのも、やつらの体表や尿・糞(ふん)などの排泄物の中には、病気を引き起こす原因となる細菌やウイルスなどの微生物が大量にひそんでいるからです。

 ねずみが媒介する病気には、ペスト(ペスト菌による)、ワイル病(レプトスピラ)、ツツガムシ病(リケッチア)など、実にさまざまな種類があります。

 また、直接的に細菌やウイルスを運ぶだけではありません。やつらはノミ、シラミ、イエダニなどの類(たぐい)も撒き散らしていきます。それらにかまれて皮膚が痒くなったり、それらがさらに病原体を運ぶことで、新たな病気がもたらされることもあります。

 ねずみの被害には、やつらが運ぶサルモネラ菌などによって引き起こされる食中毒というのもあります。

 実に迷惑な話です!